top of page

【case10】まるごとインテリアコーディネート


ワーキングをトータルプランニング

「?」 働く環境をバージョンアップしたい

   

「!」 あらゆる要望をヒアリングし

    最適解をプランニング



社屋の増改築のタイミングで相談されたプロジェクト。内外装のカラーや照明・家具等のインテリアコーディネートをメインに、オフィス空間のトータルデザインを担当することに。


不動産会社と聞くと、土地探しなどの「事始め」で関わるイメージですが、ひょうたん島不動産は、暮らし始めやモデルチェンジのタイミングでもサポートが可能です。今回の事例がまさにその機会でした。働く場をバージョンアップしたいという要望に、総合的なプランで応対。社屋には色んなスペースがあり、それぞれに特性も異なります。目指すイメージや必要な機能等、部屋ごとのリクェストをじっくりヒアリングしながら、各々のシーンに合わせて提案。


会社の中心的なメインルームとなる対外的なボードルームには、居心地の良さ等の機能面も重視しながら、上品さや風格も兼ね備えたインテリアに。一方、フレキシブルさと効率性を目指し、かっオープンな雰囲気も持ち合わせたい執務室では、作業の流れを考慮した動線を構成。家具のレイアウトやデザインに反映しました。


実用性を追求し、一からミリ単位でオータ一家具を造つたり、印象を第一に大胆なデザインを採り入れる場面もあったり。 状況に応じ「あらゆる可能性の中から最適解を見出す」ひょうたん島不動産が得意とするスタイルで、多岐に渡る要望を具現化することができました。






Comments


bottom of page