古民家の味わい

94年の時を経て

この秋、デイサービス施設へと生まれ変わった戦前の住まい。

お引渡し後ほどなく、施設内覧会が行われました。


『この三角がいいって、皆さん、おっしゃられるんです』


三角という言葉に、ほんの一瞬・・・「???」

その後すぐ「あー。あーあーあー。」と私の頭に、

懐かしい景色が引っ張り出されました。


おばあちゃんちの、ななめの、急な階段。

そうそう!三角!


「僕の祖母の家もそうです」と、隣から、素早きリアクション。

20代スタッフにも思い浮かぶ画があったようで・・・

このキーワードに、同時に響く感じ。

なんだか嬉しいものです。


↓話題に挙がった三角。『斜めの木』にご注目ください👀

『古民家を活用し、この場所から幸せを発信していきたい』

そんな想いを胸に、住宅街の古民家&ガーデン出店者募集に手を挙げて下さった事業者さま。

完成早々、訪れる方々に古民家を体感、喜んでもらえているようです!

ちなみに・・・建物には、しかるべき耐震補強を施しました。


現在、一般的に行われている耐震診断とは異なる計算方式。

揺れを柔かく受け流すような工法を用い、

新たに ‛仕口ダンパー’ という金物を加えています。


2階は区切らすに、広々と利用。

を入れた箇所に、仕口ダンパーが入っています↓

工事前は、水平の天井材が張られていました。

身に覚えのある方もいらっしゃると思いますが、

すらりと背が高いと、ちょっと頭を下げないといけない低めの天井。

子供の時、その低さと暗い感じが怖かったことを覚えています。


今回のリノベーションでは、天井材を外しました。

ひとつずつ表情の違う、曲がった大きな梁。

吹抜空間の向こうに拡がる、美しい木組み。


天井材がなくなったことで、現れ出た90年超の構造体が、

この建物の良さを引き立てているのは間違いありません。


訪れる機会があれば・・・

ぜひ味わっていただきたい古民家の趣きあふれる風景です。