響き合うタイルと家具

3年前に完成したLHSの住まい

「玄関土間にタイルを張りたいんです」と

リクエスト頂きました。


キーワードは、モロッコタイル。

1m×1.2mのスペースに、その世界観を採り入れる。

楽しきお題です♪


モロッコタイルといえば、

色使い、規則的な反復模様、曲線に直線・・・

デザイン的な特徴もバラエティ豊か。


その中から、どれを選ぶか?

今の雰囲気により合うのは、どのカラーで、どのデザインか?

ページをめくりながらイメージはふくらみ、

数種類のカタログには、いくつかの付箋が付きました。


実物サンプルと共にお客様にお見せし、

選んでくださったのは、モノトーンなタイプ。

見た瞬間に「かわいい!」と言って下さり、

心が浮き立ったことを思い出します。

(私の中でも、イチオシの商品でした)

こうして決めて、いざ!張られたタイル。

⁡コンクリート土間からガラリと変化したその姿に、思わず・・・

「おぉ〜」

「いいですね。いいですね。」

お客様の感想をうかがう前に…心の声が…⁡

つい興奮してしまいました。


お客様からも「毎日、嬉しくなっています」

と言っていただき、さらに喜びを噛みしめる。

このお仕事をしていて、

本当に有り難いなぁ、よかったなぁと実感する瞬間です。

小さなスペースながら、良き存在感。

お客様がおっしゃったように、

出掛ける時には必ず通過しますものね。


大きさではなく、玄関という場所であることこそに

今回の工事をした価値があると、改めて感じています。


好きなものに触れる満足感。

忘れずに大切にしていたい言葉です。


暮らしはじめに整えた、

プラエインテリアさんの北欧家具とも響き合っていて、

嬉しさも倍増となりました。