空き家・空きビルの「ゆく先」

戦前から建つ、瓦屋根の古民家。


建物オーナー様から活用法についてのご相談を受け、

3棟ある建物のうち2棟を解体、

そのスペースもお庭として楽しめるプランを提案しました。


↓入居者募集ご案内資料:現況図

↓入居者募集のご案内資料:完成イメージ図

 真ん中の母屋を残し、たっぷりのお庭を楽しむ計画です

中吉野の古民家&ガーデンとして入居者募集したところ、

古民家の雰囲気を活かした

「デイサービス施設」にしたいとお問い合わせいただき・・・

来年夏の開業に向け、始動することとなりました。


すでに、介護事業を運営されているお客様。

新しいスペースでは、入浴サービスを中心に

ゆったりとした時間と空間を提供されたいそうです。


お風呂に入った後、ゆっくりお茶を飲んだり・・・

お庭を眺めながら日向ぼっこしたり・・・


古民家の佇まいを生かした、心落ち着く場所。

その完成に向け、ひとつずつ進めていきたいと思っています。


↓デイサービス施設 完成イメージです

まちを歩いていると、

空き家や空きビル等、目にすることが多くなりました。

人口も減っている中、自然な流れなのかもしれませんが、

まだまだ活用可能なスペースもあるはず!

恵まれたロケーションや良き雰囲気の建物を見ると・・・そう思います。


昨年は、空きスペースとなっている

ビル2階の活用法について相談を受けました。


先代から受け継いだ思い入れのあるビル。

オーナー様には、モール型のサロン&カルチャースペースとして

出店者の募集から始めることをご提案し、

おかげ様で今春『La Ruche ~ラルーシュ~』が完成。

数店舗のテナント様が集い、多くの方が訪れる場所となりました。


建物の再生には、オーナー様の思い。

そして、入居される方とのマッチングが大切なことを肌で感じました。

中吉野町の古民家再生。

ご家族が暮らしていた家に、再び人が訪れ、生かされる。

愛着のある場所が、

時間を超えて、引き継がれていくというのは、

なんだかとても嬉しいことだと思います。

戦前からの建物と聞くと、尚さらすごい!


これから先、そんな場所が増えていくこと。

望む方がおられる限り、

微力ながらそのお手伝いをしっかりしていきたいと思っています。