top of page

暮らしの仕立て屋さん~ししくいの実家③照明(前編)~

引き継ぐことになった、愛着ある実家。

今すぐ移り住むことはないけど、そのままにはしたくない!

「…どうしたらいい?」


約1年半という時間を経て、実家は生まれ変わりました。

ビフォー&アフターは、驚きの変化!


Before↓

敷地に数棟立ち並ぶ建物。増築を重ねてきたようです。


After↓

減築し、築85年の母屋と納屋を活用することに。


お施主様もゲストのように利用して欲しい。

ご親族や友人などにも訪れて欲しい。

目指したキーワードは「実家と宿のあいだ」

こうして、ホテルのような場所が完成しました。


コンセプトづくりから設計、施工。

使い始めの場を整えるお手伝いもさせていただきました。

名づけて「暮らしの仕立て屋さん」


暮らし始めるまでに必要なものをピックアップし、

おススメをご提案、購入手配の後、届いた商品をセッティングします。

今回は、照明器具を紹介させていただきますね。

*過去の記事もよろしければどうぞ*

 →暮らしの仕立て屋さん ①家具(ダイニングテーブル&チェア)

 →暮らしの仕立て屋さん ②収納家具


昭和13年に建てた、築85年の母屋。

リノベーションにて、一部、吹抜にしました。


↓Before

お仏壇や床の間が並ぶ和室。奥には増築した平成時代のリビングも見えます。


↓After

1階天井を取り除き、吹抜空間に!屋根の木組も、床柱も健在。


この場所は、みんなが集えるLDKに。

配線用のダクトレールを付け、照明を配置しました。


約5mのレールには、キッチン、ダイニング…と

それぞれの用途に見合う器具をレイアウト。

・明るさを確保できるよう → 長さ120㎝のベースライト

・照らしたいところに合わせ、上下左右に向きを変えられる → スポットライト

・ほわんと柔かい雰囲気を演出 → ペンダント


ダクトレールの照明は、いつでも移動、変更、取り外し可能。

新築はもちろん、リノベーションの現場にも重宝します。


この度のリノベーションでお目見えした立派な梁に

スポットライトを取り付け、

高くなった天井も、しっかりと照らしました。


夜には、構造体の美しさが一層引き立ち、

訪れた方を温かく出迎えてくれる雰囲気たっぷりとなりました。


*次回も、照明器具についてのお話、後編をお届けします*

ความคิดเห็น


bottom of page