収納のいろは ~その1~


…と大見得を切るタイトルを付けちゃいましたが、

今さらながら…気づきました。


収納に大切なのは『どこに、何を、置くか?』


「そんなこと、わかってるよ~」と聞こえてきそうですが、

研究会を通し、改めてコトリと腑におちたのです。

そこで、収納のいろはと題し、先日の「IKEA・PAXのススメ」研究会。

全3回に分けて、レポートいたします。


まずは、過去15年にわたるPAXの導入歴を紹介しました。

PAXとは…IKEAさんの収納シリーズ。

そのしくみは…以下の通りです↓

①規格サイズの中から、フレームを選ぶ

②扉を選ぶ ※付けないという選択肢もあり

③フレーム内にセットする、収納アクセサリーを選ぶ ※バリエーション豊富!


つまり、まずは収納全体のボリュームを決め、

その後、中身をセレクトしていくという仕組みです。


今回、過去50軒超のおうちで、ワードローブ全長を確認しました。

家1軒あたりに、PAXが占めるボリュームです。


ご家族により様々ですが、1軒あたり、約5m~25m分。

多い方と少ない方の差が、なかなかにありますね。

全般的には、10m前後の方が多かったです。


数字だけ並べてみると、興味深い。

収納というスペースをどのように捉えているか…

それぞれのご家族の、住まい方が垣間見えます。


「とにかくいっぱい欲しい」

「収納場所に余裕がないと不安」

「与えられた量に合わせて暮らします」

「出来てみたら、意外に余ってます…」等々


プランをしている時、暮らされてのち…

いろんなお客様の顔が浮かんできます。


モノとの関係や量、向き合い方は人それぞれ。

収納といえども、家の一部なので、

そのスペースには、基礎があり、屋根がある。

多かれ少なかれ、空間として活かされていれば!

そう思うばかりです。


…という私も、開けていない扉や引出…

あのスペース、もったいないかも。

お客様に収納のお話をする時、

チラリと、自分のことを省みてしまいます。


おうちに今、どれだけの収納スペースがあるのか?

それがほんとに必要なのか、足りないのか?

今回のように、数字で捉えてみるのも一考です。

ほかの方の収納量を知って、自分を見返す。

こんなアプローチも、客観的な視点で、いいかもしれません。


収納のことはじめ。

まずは、自分の持ち物の洗い出しから始まりそうです。


★次回は、収納スペースのレイアウトについてお話します

ひょうたん島不動産

徳島市出来島本町1-12

tel.088-677-6001

fax.088-626-0819

info@hyoutanjima.life

(公社)徳島県宅地建物取引業協会会員

四国地区不動産公正取引協議会加盟

徳島県知事免許(1)第3044号

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 ひょうたん島不動産