収納のいろは ~その2~

収納ノウハウのほんの一端でも…!

研究会「IKEA・PAXのススメ」を振り返りながら、

そんな思いでお届けしております。


前回は、収納のことはじめとして

「自分の持ち物の洗い出し」をご提案しました。

どれだけのものを納めたいか?

それを把握してこそ、必要な収納量が設定できます。


キーワードは『どこに、何を、置くか?』

この答えが的を得ていれば、収納問題は大きく改善するはずです!


まずは、PAXシリーズの規格サイズをもとに、

収納全体のボリューム&レイアウトを決めていきます。


この作業は、私たちが行う設計業務のひとつ。

プランに、収納計画もしっかり盛り込み、ご提案します。

その量が多いか少ないか…適量を確かめていただき、

家全体の収納量は、設定完了です。


ここで大切に考えているのは…レイアウト。

『どこに何を置くか?』の「どこに」の部分です。


過去50軒超の事例を見返すと…

3つのパターンに振り分けられました。


①向かい合わせ:とにかく、ここにまとめましょう↓

②壁に沿わせて:お部屋や通路の壁面にずらっと並べて↓

③使うべき場所に:エントランスや洗面、ランドリーなど用途を絞って活用↓

この3つのレイアウトには、共通する考え方があります!


それは…『動線上に&集約されていること』

さらに…『空間が重なっていること』


独立した収納スペースではなく、動線の途中。

その先に、用途を持った場所があります。

こうすると、常にそこは「通る場所」となり、

足元にモノを置くことができなくなります。


納戸やウォークインクローゼットが、

扉を開けた途端、足の踏み場もない…

そんな不幸を自然に抑える効果、大いにあると思います。


また、収納場所を集約することで、

探し物も、とにかくこの中のどこか!と特定できます。


ちなみに…収納が動線上ということは、

何かのスペースと機能を重ねているということ。

リビング、廊下、ランドリー、等々…


ひとつの場所を多用途に使えると、

家全体のボリュームもほどよくコンパクトに。

まさに、私たちがご提案する

ロフトハウスストアの家のような、

中身のギュッと詰まった空間へとつながっています。


収納スペースをどこにどのように取るか?

私たちが行う設計という仕事の中で、

居心地よく暮らしてもらうために必要な、はじめの一歩です。


★次回は、実際に活用されているPAXの中をチラリと…!

ひょうたん島不動産

徳島市出来島本町1-12

tel.088-677-6001

fax.088-626-0819

info@hyoutanjima.life

(公社)徳島県宅地建物取引業協会会員

四国地区不動産公正取引協議会加盟

徳島県知事免許(1)第3044号

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 ひょうたん島不動産