【case07】LHS004号

― LHSの新築

4個室の小さな家。

「?」 まちなかの人気エリアで、

    戸建て暮らしを実現したい

「!」 敢えて売れ筋でない土地をピックアップし、

    LHSのデザインを活用


まちなかの難条件の土地を豊富なアイデアで解決


徳島駅周辺のいわゆる"まちなかエリア”で戸建ての新築を建てたい施主がいろいろ探し廻り、見つけたのが徳島駅から徒歩8分の物件。この土地は、ひょうたん島不動産が土地と家をセットで提案する物件でした。


三方を建物に囲まれた間口5.5mの細長形状、31坪という敷地面積は住宅用地としては小さめ。家を建てるには敬遠されがちな物件ですが、そこはむしろひょうたん島不動産が得意とする土地条件です。


LHSのデザイン要素である吹抜やトップライトを採り入れ、タテ方向の開放感を演出するLHSの家をプランニング。また、細長い形を活かし、端から端まで見通せる間取りにすることで、ヨコ方向の視線もしっかり取り、感覚的な広さを得ることにも成功。


家族4人の住まいとして、延床面積27.7坪は小ぶりですが、ご要望の4個室も実現しました。


「ちいさな家とまちなか生活」でスタートしたLHS。そのコンパクトながら拡がりのある暮らし方というコンセプトを体現したケースのひとつとなりました。







【建築データ】

■家族構成 夫婦+子供2人

■構造   木造2階建て

■工法   在来軸組 工法

■敷地面積 102.49㎡(約31.0坪)

■延床面積 合計 91.55㎡(約27.7坪)

      1 階 46.00㎡(約13.9坪)

      2 階 45.55㎡(約13.8坪)

■設計監理 ナカノジロウ建築デザイン事務所

■施工   アップルハウス