• hyoutanjima_TK

コンパクトながら拡がりを感じる、、、なんてムリ。



コンパクトながら拡がりを感じる。

 一見相反する「コンパクト」 と 「拡がり」 この二つの言葉は、けっして反対の意味ではないのです。

なので、 コンパクトながら拡がりを感じる。ことは可能。

「広い」は、㎡(平方メートル)など数字で測るものだけど、「拡がり」は感じ方。

LOFT HOUSE STORE では、5つの特徴で、

コンパクトながら拡がりを感じる。に挑戦

1.フレキシブルなLOFT 2.高い天井 3.長い視線 4.トップライト 5.吹き抜け

1.フレキシブルなLOFT




2階部分の大きさを、家族構成や、使い方によってフレキシブルに変更できます。 拡がりは、見た目だけではなく、暮らし方の柔軟さにも関わること。

2.高い天井



LOFT HOUSE の「LOFT」は天井の低い屋根裏的空間ではない。 高い天井のおおらかな空間を、高さ方向に2つに分けて、少し天井が低くても支障のない台所や寝室として使う。リビングダイニングは3.5m~4.5mの程よい高天井。

3.長い視線



間仕切りも最小限に抑え、水平方向、高さ方向、そして3次元的にも、視線がスゥーっと走っていく空間。

4.トップライト 



リビングダイニング空間の角の端っこに、トップライト。高い天井から降り注ぐ光は、まちなかの採光弱点を補完すると同時に、一番遠い所に視線を誘う仕掛け。

5.吹き抜け



コンパクトな空間に、拡がりを持たせるためには、X,Y,Zの「Z」が欲しい。 つまり、高さ方向の解放。 吹き抜け は、オマケの贅沢要素ではなく、建物全体のボリュームを抑えるための仕掛け。

規格化しているのは、5つの特徴。

住宅の大きさや、形は、敷地や環境にあわせて自由に。

ひょうたん島不動産

徳島市出来島本町1-12

tel.088-677-6001

fax.088-626-0819

info@hyoutanjima.life

(公社)徳島県宅地建物取引業協会会員

四国地区不動産公正取引協議会加盟

徳島県知事免許(1)第3044号

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 ひょうたん島不動産