『ざへんしゆう』

恥ずかしながら・・・漢字が浮かばず、

思わずひらがなで書き留めた『ざへんしゆう』という言葉。

小山薫堂さんが、好きな言葉だそうです。


耳にしたのは、週末の昼下がり。

視聴したWEB LIVE対談でした。


小山氏と、家具メーカー「アルフレックスジャパン」創業者の保科正氏。


『enjoy home&enjoy life』

そのタイトルになぞらえた対談場所は、保科氏のご自宅。

住まいをご紹介いただく形で、ふたりのお話は始まりました。


お部屋に並ぶ家具やアート。

それらが日々の暮らしにしっかりと馴染んでいる様子が、画面から伝わってきます。

価値基準を「広い・狭い」でなく、「高い・安い」でもなく…「愛着を感じられるか?」ではかる。

保科さんは、そう考えておられるそうです。

その愛着が、じんわりと…しっかりと…画面越しに感じられました。


そして、小山さんが口にされた『座辺師友~ざへんしゆう~』


「身のまわりにあるものが、自分の師となり友となる」

北大路魯山人の言葉だそうです。


解釈は様々あるようですが、

小山さんは以前…

「これは自分の周りが師であり友である、

自分の周りにある価値に気づきなさいという意味があります。

良いものに囲まれることが人を良くするという意味で

魯山人は使われているようですが、僕の場合は少し違っていて。

自分の周りにあるものを先生や友人と考えることで、

いろいろな価値がそこに生まれてくる、そう解釈しています。」と。


自分の周りにある価値に気づく。

そこにいろいろな価値が生まれてくる。

…まずは、私自身、周りを見つめ直す。そこから始まりそうです。


コロナ渦において、移動を奪われているからこそ、

今日という日を見つめ直し、足元を見直す。

小山さんは、こうもおっしゃっていました。


今すぐできることですね。

自分の身の回りはもちろん、そのような視点でお客様のお手伝いができたら。

気づきを与えてもらう貴重な時間となりました。


*アルフレックスのご担当の方は、

 いつも素敵なカードにメッセージを添えて、資料をお送りくださいます。

 丁寧なご対応に、日々の仕事への姿勢を学ばされます。