響き合う家と○○

前回「響き合うタイルと家具」でご紹介したLHSの家。

完成したのは3年前でした。


その後、コロナというご時世も相まり、

おうちでの時間を満喫されているというお客様。

趣味のガーデニングにもますます熱が入っているそうで、

訪れるたびに「秘密の花園」感が増しています。


完成当時は、金木犀だけがすくっと立っていたお庭。

その場所が、今はこんなに様がわり!

お庭を楽しまれている様子が伝わってきます。


↓金木犀の足元も、こんもり

そんなタイミングで頂いた今回のご相談は、

「お外に倉庫が欲しいんです」


ガーデニング道具を収納したり、

作業途中の土や鉢を一時的に置いたり。

屋根と壁のある、外部空間。

ガーデニングライフがさらに充実しそうなスペースです!


そこでご提案したのは…以下の2つのアイデア。


■既製品を活用

 →三角屋根や、コンテナフォルムの物置小屋を設置


■場所&ご要望に合わせて造作

 →細長ーいカタチ or 四角い空間をつくる


迷われて、お客様が選ばれたのは…その折衷案。

↑レッドブラウンのガルバリウム仕上げ


約3帖のスペースを建築工事でしっかりと造り、

その中に、押入サイズのイナバさん物置を組み込みました。

しっかり収納したいものは、物置の中へ。

仮置きのものは、ひとまずこの場所へ。

それぞれの場所をうまく使い分けながら、活用してもらえそうです。

↑壁と屋根で守られた空間。ここで作業もできます!


家とのマッチングもよき感じ。

印象的なカラーが、またひとつ家の顔となりました。


暮らし始めて、新たに出てくるリクエスト。

変化を求める場面で、こうしてお声を掛けてもらい、

そのお手伝いができることは、本当に嬉しいことです。