実物で感じる

愛媛今治で、渋い建築に触れてきました。

丹下健三氏による今治公会堂。

カッコイイ!

そびえ立つ姿が、なんとも言えません。

サイドに回り込むと、

全然異なるデザインに驚かされます。



ご厚意で、内部にも入らせてもらいました。

おぉ!おぉ!カッコイイ!

ロビーに入ると、異空間。

照明が付くと、さらに印象的になりました。


外から見えていた連続窓が、

ル・コルビュジエのロンシャン礼拝堂を彷彿とさせます。


さらに扉を開けて、ホールへ。


おぉ!そうか!

ぐるっと一周して見てきた、外からの造形。

それがそのまま、内壁に。

機能美が目の前に現れた感じです。


竣工は昭和33年。

展示されていた当時の写真は、より一層の際立ち感。

地元の方には、どんな風に映ったのでしょう。

やっぱり、とても誇らしく思ったのかな。


お話によると、

数年前に大規模な改修工事が行われたとのこと。

受け継いで使われていくんですね。


以前講演会で聞いた、内田繁氏の言葉。

いい建物とは、長く愛される建物。

そんなフレーズを思い出しました。