空いてるところを埋める。その意味って…



ちょっと個人的なお話から…よかったら聞いてください。

先日、十数年前まで祖母が暮らしていた場所へ行きました。 そこは、私の母たち兄弟が育った家。 それぞれが独立した後は、祖父母が暮らし、 私たち家族も、夏休み遊びに行っていた、思い出深い場所です。 一時期、ひいおばあちゃんが一緒だった記憶もあるなぁ。

その後、ひとり暮らしになった祖母が亡くなり、 借家だったその家は、取り壊されたとか…

それを聞いて以来、 お墓参りで近くを通ることは何度かあったけれど、 その光景をなんとなく目にしたくなくて…寄り付かないまま… すいぶん時間が経ちました。

それが少し前、家が建ったみたいやよ、と。 懐かしさと新しくなったその場所が見たくなって、十何年ぶりにその場所へ。 建っていたのは、想像するに若いご家族が暮らす、かわいらしいおうち。 一瞬、戸惑ったものの、左右に並ぶのは見覚えのある建物。 なにをするでもなく、少しの間、眺めていました。 …今思えば、明らかに、不審な車…

あの時じわっと湧いてきた、ほっとしたような気持ち。 あれは一体、何だったんでしょう。

まちの空洞化・スポンジ化。 空き家問題、空き地問題。 コンパクトシティ。 …そんな言葉を耳にする機会が多くなりました。 LOFT HOUSE STORE をオープン以来、特にかもしれません。

偶然にも、地方ながら祖母の家も、メイン駅からほどよく歩ける距離。 出掛けるときは、みんなして自転車に乗りました。 今たちまち、周りを見渡して、 空き家や空き地が増えている様子でもなかったのですが、 少なくとも祖母の家のあった場所は、何年か空き地だったはず。 そこに、新しい家ができた。

…なんだか不思議ですが、 思い入れのある場所が生かされている。生きている。 それを実感できて、心からよかった…と思った…不思議ですね。

徳島にも、私の近所にも、空洞化する場所が出てきました。 なんだか寂しい…あそこ、よく行ってたお店だったのになぁ。 …そんな場所を埋める。生きてる場所にする。 そのお手伝いができたら……改めて、そう思います。