片づけマニュアル…だけじゃなかった


『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』

まさにタイトル通りに暮らすミニマリストさんの本。

友人にお勧めしてもらいました。


片づけ本は、数あれど…

思いもよらない内容に、読んだ途端、友人に読書感想文を送ってしまいました。

・共感デフォルト

・親切デフォルト

・飽きに対抗できるのは感謝

深く心に響いたのは、これらの言葉。

こう並べると、片づけのマニュアル…ではないですね。


作者である「ぼく」は、モノを溜め込み、モノに囲まれていた。

たくさんモノを持つ人をうらやみ、自分と比べてばかり。

モノが、自分の価値、ひいては幸せにつながると考えていた。

そんな彼がモノを捨て、

持っているから…持っていないから…という認識から離れられた。

人との関係が変わったというのです。


それってどういうこと?


どうやら、人には人に共感し、親切にすることで

幸せを感じるアプリがインストールされているらしく!

モノがなくても幸せを感じられる仕組みが、

しっかり整っているというのです。


例えば、人のために何かをして、その人が嬉しそうな笑顔になる。

それを見ると、苦労して何かしてあげた人まで嬉しくなってしまう。

そんな「感情移入」する神経細胞の働きが、

科学的な分野で解明されてきている模様。


また、電車の席をゆずったり、落とし物をした人に声を掛けたり…

小さな親切をした後の、ほっこりとした気持ち。

これも、幸せを感じる物質が分泌されているからだといいます。


人間のしくみ。素晴らしい!

性格でもなく機嫌でもなく。

そもそも備わっていると聞くと、こんなに喜ばしいことはないですよね。

私もあなたも、見知らぬ誰かも、持っている。


ただ…人には、悲しいかな、

慣れて→飽きるという仕組みもあるようです。

欲しくて手に入れたモノでも、時間が経つと次第に慣れ、

当たり前のものになり、やがて飽きてしまう。

これも生まれつきインストールされているらしく、あらがえない。

人間て…。


このしくみ通りになると、

人は慣れて、飽きて、さらなる喜びや刺激を求めてしまう。

新しいモノが欲しくなり、その欲望は尽きない。


向上心という名の次なる原動力なら、それもアリかもしれないけど、

モノに限っていえば、なんだか踊らされているみたい。

思い当たるふしもあるから、やるせなく感じます。

人間て、見えない何かに制御されていたんですね。


ただ!これに、対抗できる策がなくはないのです。

今持っているモノをありがたいと思いなおす「感謝」という気持ち。

当たり前でないと思えれば、

モノが少なくても充分に満足できるといいます。

確かに。


まわりを見渡して…満たされていることは十分にあります。

ゆっくり眠れるのも、美味しくご飯を食べられるのも、

気持ちよく髪を乾かせるのも、あれもこれも。


漠然と感じていたことを言い切ってもらえた。

明文化して、大事なことをちゃんと教えてもらいました。

ありがとう!ミニマリストさん。


最後にひとつ。


ミニマリストといえば、

とにかくモノを減らし、最小限で暮らす人をイメージしていましたが

「ぼく」は、『自分が本当に必要なモノがわかっている人』だと捉えているそう。

たくさんのモノに囲まれていたとしても、

モノを持つことで毎日の活力を感じられているなら、減らす必要はない、と。

ちょっと深くて、寛容さも感じるミニマリスト像。

自分の思い込みに、目からうろこです。

解釈はそれぞれでいいんですね。


読書感想文を送った友人からの返信。

「親切がデフォルト。なんだか嬉しいなぁ。もう親切しまくろう笑」

大いに同意。

片づけ以上のことが出来そう。幸せも感じられそう。

ありがとう。勧めてくれて。


*具体的な片づけマニュアルも、計70案、載っています。

 ご興味のある方はぜひ。

ひょうたん島不動産

徳島市出来島本町1-12

tel.088-677-6001

fax.088-626-0819

info@hyoutanjima.life

(公社)徳島県宅地建物取引業協会会員

四国地区不動産公正取引協議会加盟

徳島県知事免許(1)第3044号

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 ひょうたん島不動産