家族信託って…?



耳にしたことはあるけれど、よくわからない… 8月の研究会で勉強させてもらいました。

「家族信託って、私にも関係があるの?」

高齢化が進み、認知症になる方が増えているそうです。 一説によると、高齢者の20~25%という数字も。 これは、人ごとではありません。

認知症が認められると、銀行での取引もできなくなる…。 想像したこともありませんでした。

そして、いざそうなった時、利用できるのは「成年後見制度」 意思判断能力が万全でない人の財産管理を、後見人が行うしくみだそうです。 しかし、財産を守ることが目的なので、 柔軟な資産管理や相続対策はできないとのこと。

そこで「家族信託」という選択肢。 元気なうちに契約を結び、家族に財産管理を託すことができます。 財産の持ち主は変わらず、あくまで管理を託すというしくみです。

例えば… 一人暮らしの親が、実家から高齢者施設に移り住んだ後、 意思判断ができなくなってしまった。 そうなった時、子供の判断で 実家の活用や処分ができるようになるのが家族信託。 自宅を売った場合の売却代金は、親のものなので、 その管理を子供が行い、親のために有効利用できます。

誰もが、認知症になるかどうかわからない。 家族信託とは、そうなったときのために備えておく、保険のようなもの。 利用しないですんだなら、それも幸せなことです。

ただ、決して万能な対策ではなく 相続税が下がるわけでも、もめごとが解決できるわけでもない。 信頼し合える家族だからこそ利用できるので、 それを話し合うコミュニケーションを大切にして欲しい… 締めの言葉が印象に残りました。

いざ話すきっかけとして… 資料をさりげなくテーブルに置いておいては? 最後に、そんな具体的なアドバイスも頂きました(*´ω`*)

小笠原合同事務所 小笠原様 阿波銀行 片山様 長時間に渡り、ありがとうございました。

※詳しい資料をご希望の方は、LOFT HOUSE STOREまで。

ひょうたん島不動産

徳島市出来島本町1-12

tel.088-677-6001

fax.088-626-0819

info@hyoutanjima.life

(公社)徳島県宅地建物取引業協会会員

四国地区不動産公正取引協議会加盟

徳島県知事免許(1)第3044号

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 ひょうたん島不動産