ガウディのエッセンス



家づくりカタログ “ いいかげん ” これまでの住宅実例をまとめています。 この中より、まちなかの2事例を vol.33 ロフトハウスストア研究会にて、ご紹介しました。 1つ目の「植物に囲まれながら子育てを楽しむ。」ご家族に続き、 2つ目のお住まいは「カサ・バトリョの理論を拝借。」 間口が約6mのまちなかの土地。 南北には、すでに隣接する建物がありました。 ここに、プライバシーを守りながら 明るさと解放感を得るには…? その答えには… たとえば、こんなアイデア(*^^*) ・光を採り入れるために、2.5m四方のコートを設けました。  空から降り注ぐ光は、コートからお部屋へと導かれます。

・コートに面する外壁は、白く塗装。  こうすることで、壁に反射した光は、より明るく室内へ。  この壁は、屋根の高さまであり、  隣地からの目線をカットする役割も担っています。

・1階の窓サイズは、2階より大きくしています。  コート越しの光は、暗くなりがちな1階にもしっかりと届きます。

これらは、スペインの建築家ガウディが設計した、 集合住宅カサ・バトリョの考え方をアレンジ。 ここ徳島のまちなかで、個人住宅に大いに活かされました。

様々な条件のもとでの家づくり。 それぞれに仕掛けを、ぎゅっと!盛り込んでいます。

ちなみに、こちらのコート。 時に、ご家族のダイニングスペースにもなっているようです。 空の下でご飯かぁ。いいですね。

ひょうたん島不動産

徳島市出来島本町1-12

tel.088-677-6001

fax.088-626-0819

info@hyoutanjima.life

(公社)徳島県宅地建物取引業協会会員

四国地区不動産公正取引協議会加盟

徳島県知事免許(1)第3044号

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©2019 ひょうたん島不動産